葬儀 の準備
葬儀 の準備

 葬儀 の準備

  •  安置 場所を確認

    自宅に安置できるか、 安置 場所の確保が必要かを確認してください。ご自宅に安置できない場合は、弊社の安置室も利用可能です。

    ※病院から直接ご遺体のご安置も可能です。また、お預かりしている際も、拝顔やお線香のお供えは可能です。

  •  葬儀 場を決める

    葬儀 式場として 斎場 ( 葬儀 の専門式場)、公営の 式場 、 寺院 、 自宅 、公共の集会場などが挙げられます。故人の 遺志 や 会葬者 の人数、利便性などを考えた上で最適な 葬儀場 を決定します。


  •  宗教 ・ 宗派 を確認

    葬儀 は、故人あるいはご 家族 の 宗旨 で営まれます。 仏式 ・ 神式 ・ キリスト教会 ・ 創価学会 友人葬といった従来の 様式 や、最近では 直葬 や 家族葬 など様々な 葬儀 形式も増えてきました。どのような形式で 葬儀 を執り行うか、ご家族でご相談される事をお勧めします。また、ご本人の意向を反映させた式にするために、事前に尋ねておくことも大切です。弊社でも希望の 宗派 の 寺院 等をご紹介いたします。

  • 喪主を決める

    葬儀 の主催者として 遺族 を代表するのが「 喪主 」です。 喪主 には「故人の 配偶者 ≫長男≫長女≫親≫兄弟」の順で故人とのつながりが深い人を選ぶのが一般的です。
    例えば結婚して姓が変わっても、故人の実の娘であれば 喪主 になっても構いません。未成年者が 喪主 になる際には、 後見人 を立てます。